From Japanese society for quantitative biology

Jump to: navigation, search

Contents

第四回年会 (セッション2)階層性の定量生物学: 要素の振る舞いと集団の秩序形成

茅 元司 (東京大学大学院理学系研究科)、前田 礼男 (東京理科大学基礎工学部生物工学科)、谷口 大相 (東京大学大学院総合文化研究科)

日時

2012/1/8 15:45-17:45 セッション2

Chair

概要

階層レベルを意識した筋収縮の分子機構の解明

  • 茅 元司 (東京大学大学院理学系研究科)

 

Chirality in planar cell-shape contributes to left-right asymmetric epithelial morphogenesis

  • 前田 礼男 (東京理科大学基礎工学部生物工学科)

シグナルリン脂質の時空間動態と細胞運動

  • 谷口 大相 (東京大学大学院総合文化研究科)


第四回年会ページトップに戻る
第四回年会セッションに戻る