From Japanese society for quantitative biology

Revision as of 08:01, 15 June 2021 by Ksugimura (Talk | contribs)
Jump to: navigation, search

Contents

定量生物学の会 夏企画2021(仮) 最新情報

  • ウェブサイトを作成しました (20210614)。

夏企画2021の概要

目的

定量生物学の会は、定量的な解析から生命システムの定性的な性質を明らかにすることを目指す生命科学について、その方向性や解決すべき点などを具体的な問題設定のもとで議論する場として、2008年から本格的に活動を開始しました。生命科学の幅広い領域から研究者が集い、オープンな雰囲気で議論を進めています。今年はコロナ禍にともない、定量生物学の会としては初めてのオンラインでの開催に取り組みます。

講演

本年度は、3つの講演を企画しました。「XXX」では定量生物学の革新的技術について、「XXX」では時間をキーワードに個体発生などの高次生命現象におけるタイミングの制御や時空間パターン発現について、「XXX」では生命現象の様々な場面で現れる協同性とその本質について、それぞれの分野のフロントランナーを招待しご講演いただきます。 (※まだコピペが残っています。)

チュートリアル

本年度は、学際研究に必要な共通言語を学ぶという定量生物学の会のチュートリアルの原点に立ち返り、年会セッションの講演をより深く理解するための基礎知識の提供を目的としたチュートリアルを企画しました。「XXX」は逆強化学習や機械学習を用いた講演に、「XXX」はオルガネラや細胞、組織の力学を取り扱う講演にそれぞれ対応しています。チュートリアル終了後には、演者を囲んで歓談できる場を設ける予定です。(※まだコピペが残っています。)

Qbioラジオ

本年度は、初めての試みとして、

日時・場所 ・参加費

TBA

参加時の注意事項

TBA

企画プログラム

チュートリアル1(2021年 8月7日)

  • 舟橋 啓(慶応)「TBA」

招待講演(2021年 8月7日)

  • 若本 祐一(東大)「細胞ラマンスペクトル-マルチオミクス対応の背景にある低次元構造」

チュートリアル2(2021年 8月9日)

  • 小林 徹也(東大)「TBA」

招待講演(2021年 8月9日)

  • 新土 優樹(Dartmouth College)「ヒストンH3の濃度による初期胚の運命決定制御」

チュートリアル3(2021年 8月10日)

  • 高尾 大輔(東大)「画像から細胞周期を見分けるAI」

招待講演(2021年 8月10日)

  • 森田 梨津子(理研)「マルチオミクス解析による毛包幹細胞の起源と毛包発生モデルの解明(仮)」

企画(2021年 8月11日)

  • 多数 「TBA」

スケジュール

TBA

夏企画2021 企画・運営 (あいうえお順)

  • 鈴木  誉保 (東京大学)
  • 日比野 佳代 (遺伝研)

問い合わせ先

q.bio2021@gmail.com