From Japanese society for quantitative biology

(Difference between revisions)
Jump to: navigation, search
(定量生物学の会主催の公式研究会)
(終了した定量生物学の会主催の研究会)
Line 16: Line 16:
 
***[[qbio6th_2013en|6th annual meeting]]<br>
 
***[[qbio6th_2013en|6th annual meeting]]<br>
 
**[[Qbio7th_2014|第七回年会]]
 
**[[Qbio7th_2014|第七回年会]]
** [[Qbio8th_2016|第八回年会ホームページ]]
+
** [[Qbio8th_2016|第八回年会]]
 +
** [[第九回年会|第九回年会(2019/1)]]
 
*[[NIG_International_Symposium_2016_Japan_Q-Bio_week|NIG International Symposium 2016: Japan Q-Bio week – force, information, and dynamics]]
 
*[[NIG_International_Symposium_2016_Japan_Q-Bio_week|NIG International Symposium 2016: Japan Q-Bio week – force, information, and dynamics]]
 
*定量生物学の会キャラバン
 
*定量生物学の会キャラバン

Revision as of 03:18, 11 July 2019

Contents

最新のイベント情報

定量生物学の会主催の公式研究会

過去の研究会情報

終了した定量生物学の会主催の研究会

終了した定量生物学の会のメンバー主催のイベント

  • International Workshop on Quantitative Biology 2014 (2014/9) was held at VLSCI in Melbourne, Australia, as one of the workshops of ICSB 2014.
  • 生物数理モデル入門~生物への数理工学的アプローチ~
    • 小林徹也(東京大学生産技術研究所)
    • 12月04日(木)~1月15日(木):木曜日の16:30~18:00
    • 東京大学駒場キャンパス1号館106号室
    • 詳細は[1]をご覧ください。
  • 北海道大学理学院生命理学専攻および生命科学院 発生進化学特論
    • 杉村薫(理研)
    • 2008年10月30日1限目2限目
    • 1. 個体発生における力学過程の概論
    • 2. 上皮形態形成を支える機械的な力の研究ー実験と理論を融合させて生物システムを理解する
  • 東京大学 農学生命情報科学特論II(アグリバイオインフォマティクスセミナー)
    • 舟橋啓、小林徹也
    • システムバイオロジーの最前線:定量生物学から計算生物学まで
    • 10/23(木):15:00-18:45
    • 農学部2号館2階第1講義室(化1)
    • http://www.iu.a.u-tokyo.ac.jp/main_seminar.html
  • 4th International Workshop on Quantitative Biology (IWQB2017)
    • 舟橋啓、広井賀子 with Viji M Draviam; speakers 木村暁、奥寛雅 他
    • 2017年4月14日, 15日
    • 慶應義塾大学理工学部マルチメディアルーム, コラボレーティブデザインルーム
    • http://fun.bio.keio.ac.jp/icdc/
Retrieved from "http://q-bio.jp/wiki/Events"