From Japanese society for quantitative biology

(Difference between revisions)
Jump to: navigation, search
(第四回年会 (セッション1)定量生物学の要素技術)
(第四回年会 (セッション1)定量生物学の要素技術: 生物を「視る」「操作する」「作る」「計算する」)
Line 1: Line 1:
 
==第四回年会 (セッション1)定量生物学の要素技術: 生物を「視る」「操作する」「作る」「計算する」 ==
 
==第四回年会 (セッション1)定量生物学の要素技術: 生物を「視る」「操作する」「作る」「計算する」 ==
講演者:上野 匡(東京大学大学院薬学系研究科)、高橋 恒一 (理研・QBiC)、山田 啓文 (京都大学大学院工学研究科)、松浦 友亮 (大阪大学工学研究科)
+
講演者: 山田 啓文 (京都大学大学院工学研究科)、上野 匡(東京大学大学院薬学系研究科)、松浦 友亮 (大阪大学工学研究科)、高橋 恒一 (理研・QBiC)
 
===日時===
 
===日時===
 
2012/1/8 11:00-12:30  セッション1
 
2012/1/8 11:00-12:30  セッション1
Line 8: Line 8:
  
 
=== 概要 ===
 
=== 概要 ===
 +
 +
===周波数変調原子間力顕微鏡による生体分子可視化の現状と展望===
 +
* 山田 啓文 (京都大学大学院工学研究科)
  
 
===光機能性小分子による細胞内シグナル伝達の時空間制御===
 
===光機能性小分子による細胞内シグナル伝達の時空間制御===
 
* 上野 匡(東京大学大学院薬学系研究科)
 
* 上野 匡(東京大学大学院薬学系研究科)
 +
 +
===微小反応場における蛋白質合成反応の定量化===
 +
* 松浦 友亮 (大阪大学工学研究科)
 
 
 
 
 
===細胞環境のin silico表現に向けて -- 反応ネットワークの観点から===
 
===細胞環境のin silico表現に向けて -- 反応ネットワークの観点から===
 
* 高橋 恒一 (理研・QBiC)
 
* 高橋 恒一 (理研・QBiC)
  
===周波数変調原子間力顕微鏡による生体分子可視化の現状と展望===
 
* 山田 啓文 (京都大学大学院工学研究科)
 
 
===微小反応場における蛋白質合成反応の定量化===
 
* 松浦 友亮 (大阪大学工学研究科)
 
  
 
[http://q-bio.jp/wiki/第四回年会  第四回年会ページトップに戻る]
 
[http://q-bio.jp/wiki/第四回年会  第四回年会ページトップに戻る]
 
<br>
 
<br>
 
[http://q-bio.jp/wiki/第四回年会#.E3.82.BB.E3.83.83.E3.82.B7.E3.83.A7.E3.83.B3.EF.BC.882012.E5.B9.B41.E6.9C.888.E6.97.A5.E3.80.819.E6.97.A5.E9.96.8B.E5.82.AC.E4.BA.88.E5.AE.9A.EF.BC.89 第四回年会セッションに戻る]
 
[http://q-bio.jp/wiki/第四回年会#.E3.82.BB.E3.83.83.E3.82.B7.E3.83.A7.E3.83.B3.EF.BC.882012.E5.B9.B41.E6.9C.888.E6.97.A5.E3.80.819.E6.97.A5.E9.96.8B.E5.82.AC.E4.BA.88.E5.AE.9A.EF.BC.89 第四回年会セッションに戻る]

Revision as of 06:46, 27 September 2011

Contents

第四回年会 (セッション1)定量生物学の要素技術: 生物を「視る」「操作する」「作る」「計算する」

講演者: 山田 啓文 (京都大学大学院工学研究科)、上野 匡(東京大学大学院薬学系研究科)、松浦 友亮 (大阪大学工学研究科)、高橋 恒一 (理研・QBiC)

日時

2012/1/8 11:00-12:30 セッション1

Chair

  • 鈴木 孝幸 (名古屋大学)

概要

周波数変調原子間力顕微鏡による生体分子可視化の現状と展望

  • 山田 啓文 (京都大学大学院工学研究科)

光機能性小分子による細胞内シグナル伝達の時空間制御

  • 上野 匡(東京大学大学院薬学系研究科)

微小反応場における蛋白質合成反応の定量化

  • 松浦 友亮 (大阪大学工学研究科)

 

細胞環境のin silico表現に向けて -- 反応ネットワークの観点から

  • 高橋 恒一 (理研・QBiC)


第四回年会ページトップに戻る
第四回年会セッションに戻る