From Japanese society for quantitative biology

Revision as of 00:47, 16 July 2010 by Ksugimura (Talk | contribs)
Jump to: navigation, search

Contents

定量生物学の会 年会 最新情報

  • Home pageを作成しました。随時、情報を掲載していきます(100521)。

第三回年会の概要

目的

第三回年会は、定量性を高く意識した生命科学研究にかかわる研究者、およびそのような新しい方向性を模索したいと考える研究者が、具体的な方法論や技術、そして分野の方向性などをオープンな雰囲気で議論することを目的としています。「定量的な生命科学のあり方」を模索するにあたり、参加者一人一人に情報を発信していただき、情報を相互に交換することを重視したいと考えています。そのため、原則的に、口頭発表もしくはポスター発表をお願いするという形式を採用します。

プログラム企画について

【チュートリアル】

【セッション】

日時・場所 ・参加費・参加人数

  • 日時:2010年11月26日(金)、11月27日(土)、11月28日(日)
  • 場所:東京大学生産技術研究所 [1] コンベンションホール
  • 参加費: 1500円程度を予定(お茶代・軽食代など実費)。確定次第、HP上でお知らせします。懇親会でお酒を希望される方は別途1000円程度のお酒代が必要になります。こちらも確定した金額をHPでお知らせします。なお、参加費は当日お支払い頂きます。チュートリアルのみ参加の方は無料です。
  • 参加上限人数
    • チュートリアル:150人程度(会場の定員により)
    • 年会: 120人+講演者約20名( ポスター会場のスペースにより)

企画プログラム

チュートリアル(11月26日開催)

  • チープ実験法(仮): 環境制御、顕微鏡の構築と制御
    • 講演者: 五條理保(東大)、上原亮太(名大)、新井由之(北大)
  • 実験データの統計解析法基礎(仮)
    • 高木拓明(奈良医大)
  • 理論生物学基礎(仮):非線形科学、情報論
    • 郡宏 · 伊藤 浩史(お茶大)、小林徹也(東大)

セッション(11月27日、28日開催)

  • 工学と定量生物学(仮)
    • chair: 木村啓志(東大)
    • 講演者: 奥寛雅(東大)、竹本智子(理研)、安達泰治(京大)
  • 細胞骨格と細胞運動の定量生物学(細胞の物理学)(仮)
    • chair: 佐藤雅之(阪大)
    • 講演者: 末次志郎(東大)、谷本博一(東大)、TBA
  • 大量情報の定量生物学: エピジェネティックス(仮)
    • chair: 木村暁(遺伝研)
    • 講演者: 二階堂愛(理研CDB)、斉藤典子(熊大)
  • 時空間パターンの定量生物学: 振動系・興奮系を中心に(仮)
    • chair: 広井賀子(慶大)
    • 講演者: 小林妙子(京大)、西丸広史(筑波大)、鈴木孝幸(東北大)・、篠原恭介(大阪大)・高松敦子(早稲田大)

第三回年会 企画・運営 (あいうえお順)

  • 木村 暁(遺伝研)
  • 黒澤 元(東京大学)
  • 小林徹也(東京大学)
  • 佐藤雅之(大阪大学)
  • 杉村 薫(理化学研究所)
  • 塚田祐基(名古屋大学)
  • 広井賀子(慶應義塾大学)
  • 舟橋 啓(慶應義塾大学)

スポンサー

本年会の開催費の一部は、大阪大学大学院生命機能研究科GCOEプログラム「高次生命機能システムのダイナミクス」の若手主催集会支援事業及び文部科学省新学術領域研究「遺伝情報発現・収納・継承の時空間場(遺伝情報場)」と「哺乳類初期発生の細胞コミュニティー」からサポートをうけています。

「遺伝情報場」は染色体やその周辺環境の動態・物性など新たな観点から遺伝情報制御を捉える研究を展開しており、関連分野での若手研究者の活躍を応援します。

「細胞コミュニティ」は、哺乳類初期発生を、細胞、分子をはじめとする様々な視点から解析する研究を進めています。哺乳類に特徴的な調節性に富んだ発生を理解する為にもライブイメージング、画像解析、数理解析などを積極的に取り入れていきます。特に若く柔軟な研究者の分野を超えた活躍に期待しています。

問い合わせ先

Email:q.bio2010 at gmail.com (迷惑メール対策のため@をatと表示しています。at を @ に置換してください)